タクシー会社をさがす・料金を調べる・観光する サイトマップ | ヘルプ | taxisite トップ

異国情緒あふれる横浜~穴場の夜景スポットまで!見どころ満載オリジナルコース

所要時間
: 3時間
お迎え場所
: ホテル(今回は東横イン 横浜スタジアム前)
コース料金
: 3時間で10,000円(税込み)
※2005年現在の情報です。料金、コース内容は現在と異なる場合がこざいます。

初めての観光タクシー

観光タクシーに乗るのは今回が初めてです。横浜に出かけるのは久しぶりで、たっぷり横浜を満喫したいと思っていたので、3時間コースを予約しました。7月下旬、観光当日には大栄交通の方から確認の電話をいただきました。雲行きがあやしく、天気の心配もしてくれましたが、雨は降らないようで一安心。場所と時間を最終確認し、夕方待ち合わせ場所に向かいました。

ホテル東横インで乗務員さんがお出迎え

今回待ち合わせしたホテル東横イン前に行くと、乗務員の菊地さんが既に待っていてくれ、笑顔で迎えてくれました。タクシーはきれいに磨かれた黒塗りタクシーでした。車内も広くきれいで、観光気分も高まりました。観光するなら黒塗りタクシーはおすすめです。気分もいいし、特別な1日という感じですよ。「よろしくお願いします!」と、さっそくタクシーに乗り込み出発、まずは、元町方面へ向かいました。

元町はお店やカフェが立ち並び、ショッピングが楽しめる場所です。平日だったせいか人通りはそんなに多くはありませんでしたが、きれいな通りを歩きながらも、なんとなく横浜の歴史が街全体を覆っているような感じがしました。

通りを眺めていると、「この辺りで有名なおいしいパン屋さんがあるんですよ」と菊地さんが「ウチキパン」へ案内してくれました。ウチキパンは、明治21年、元町にて『横浜ベーカリー宇千喜商店』として創業を開始した、長年皆様に愛されている老舗のパン屋さんです。そこで、菊地さんおすすめの桜あんぱんを購入。こしあんが入っていてとても美味しかったです。石川町駅から元町ストリートに入って仲通りを進み、角にある「GAP」を曲がったところに、「ウチキパン」はあります。車中で桜あんぱんを食べながら、山手方面へ向かいました。元町ストリートから離れ奥へ進むと、豊かな緑あふれる、閑静な住宅街です。
【写真】待ち合わせの東横イン(上)、「ウチキパン」の桜あんぱん(下)

外人墓地、西洋建物など異国情緒あふれる横浜を満喫

 そうこうしているうちに、山手エリアへ。途中走りながら、閑静な住宅街にさりげなく建つ某有名人のお宅を教えてもらいました。さすがに立派なお宅です。さらに進み、港の見える丘公園近くにある外国人墓地へ。見晴らしのいい高台に様々な墓標があり、そこから市街を見渡せるこの場所は、春には桜がきれいに咲くそうです。
 外国人墓地は、祖国につながる海を望めるようにと、安政元(1854)年ペリー艦隊の水兵を葬ったのがはじまりで、その後幕末の生麦事件で殺傷されたイギリスの商人リチャードソンをはじめ、各国の攘夷運動の犠牲者が埋葬されています。1923年の関東大震災で亡くなり、ここに葬られた外国の方々もいたそいたそうです。
 黒船来航と外国人墓地の誕生は、日本の近代化にとって欠かせない出来事です。開港から150年という横浜と日本の近代化という歴史を改めて感じ、日本で生涯を終えた外国の人々への冥福を祈るひとときでした。現在では墓標の数も増え、約40ヵ国、4200人余りが安らかに眠っているそうです。

 外国人墓地を後にし、このエリアに広がる歴史的建造物や、趣のある洋館の様式美を堪能しました。山手地区には榎木ていや山手教会、フェリス女学院、モダンな雰囲気のエリスマン邸など、存在感がありオシャレな西洋館が建ち並びます。
 イタリア山庭園に入ると、居留外国人の暮らしを再現したブラフ18番館があります。大正時代に造られた外国人住宅で、「ブラフ」とは崖という意味だそうです。旧内田家の、豪華な邸宅にも圧倒されましたが、その庭園からは港町である横浜のすばらしい風景が眺望でき、とてもきれいでした。文明開化の頃に思いを馳せながら、小高い丘でのんびりと時間を過ごしました。

 左側に山手公園が見えてくると、「ここはテニスが発祥の地なんですよ。テニスコートが裏手にあるんですが、テニス発祥の地ということで、記念館が中にあります。」と菊地さんが説明してくれました。始めて横浜で県の指定文化財になった公園で、公園自体が指定文化財になったというのは他にないそうですよ。もともとこの辺は外国人の保有地だったので、外国人がもっと自由に動ける場所を、ということで人工的に作った公園で、そこで貴婦人たちが、ロングドレスやカクテルドレスを身にまとい優雅にテニスを始めたそうです。

 このあたりは素敵な西洋館が多く、本当に異国に来ているような感覚になります。そして本当に坂道が多いです。坂道を気にせずゆったりとこの辺りを見ることができ、車中いろいろな話を聞くことができるのも観光タクシーならでは、と思いました。また、その近くには、ユーミンの名曲「海を見て居た午後」の歌に出てくるフレンチレストラン「ドルフィン」がありました。曲の効果でたくさんの人が訪れているようで、ここも横浜ならではのスポットですね。
【写真】外国人墓地入り口(左)、外国人墓地(中)、イタリア庭園内にて(右)

横浜発祥のキリン、君が代を学ぶ

 「次はキリン園公園へご案内しましょう」と、菊池さん。「キリンがいる公園なのかな?」と思いながら細い坂を上がっていくと、小さな公園がそこにはありました。この公園は、日本最初のビール工場跡があり、キリンビール発祥の地なのだそうです。それを記念して、1937(昭和12)年に建立されたという開源記念碑がありました。

 1870年、ウイリアム・コープランド氏が、横浜山手の天沼の地に「スプリング・ヴァレー・ブルワリー」を作ったのが日本のビールの始まりです。その事業を麒麟麦酒株式会社が引き継ぎ、この地を日本ビール発祥の地としました。隣の小学校には、その当時の井戸が残っているそうです。  山手駅から山手公園方面へ向かう途中にある「キリン園公園」に、この記念碑は建っています。


 日本ビール発祥の地が横浜にあるなんて、と驚いていると、「今度は、あの「君が代」発祥の地へご案内します」と、さらに驚く私を乗せて、本牧山妙香寺というお寺に案内してくれました。  「君が代」は、言わずと知れた日本の国歌です。でも、その「君が代」を作曲した人がイギリス人だった、ということを知っている人は少ないのではないでしょうか。私も全く考えもしていませんでした。  その作曲者とは、フェントンという人物で、横浜に駐屯していた軍楽長でした。イギリスの楽団がきて、それを勉強しに薩摩や長州藩の若い人が勉強しにきていたそうで、そのときに頼んで作ったのが君が代です。今は編曲されていますが、イギリス人が作曲したので当初は少しマーチっぽかったそうです。最初にできた「君が代」も聞いてみたいですね。そして、この妙香寺に、「国歌君ケ代発祥之地」の碑が建てられていました。

 テニス、ビール、君が代と、文明開化とともに横浜から広がったものがこんなにあるとは驚きでした。他にもアイスクリームや牛鍋、鉄道などいろんなものがあるそうです。通常の観光コースでは、なかなかこういう深いところまで回れないのではないでしょうか。菊地さんは本当にいろんな知識があって、分かりやすく教えてくださるので楽しく学ぶことができました。少し物知りになった気分です。
【写真】キリン園公園入り口の表札(上)、「国家君が代発祥の地」 と書かれた碑(下)

大さん橋で夜景に感動

 横浜ベイブリッジを通るころには日も暮れはじめ、菊池さんの案内で大さん橋埠頭へ。ここから見るライトアップされた夜景は本当にとてもきれいで、いつまでも眺めていたい気持ちでした。光が海面に映り雰囲気いっぱいです。
 大さん橋ふ頭は、1894年(明治27年)の完成以来、 海の玄関として活躍してきましたが、 再整備に着手し、2002年(平成14年年)に新しい大さん橋国際客船ターミナルがオープンしたそうです。  屋上に出ると、自由に散策できる広場があり、遮るものが何もないため、横浜港周辺の景観を見渡すことができるのです。山下公園や赤レンガパーク、ランドマークタワー等があるみなとみらい21地区など、眺めを満喫できました。床が木張りで芝生もあるので、天気のいい日はのんびりと過ごすことができそうです。
 菊地さんが「夜景を堪能できる穴場スポットです!」と言っていたのが納得できました。山下公園には何度か行ったことがありますが、すぐ近くに絶好の夜景スポットがあるなんて気がつきませんでした。横浜にはきれいな夜景が見れる場所はたくさんあると思いますが、この大さん橋から見る夜景が1番感動できると思います。
【写真】大さん橋からの夜景。是非行って見てください!

夕食はおいしい洋食屋さんで

 すべてのコースを見終わって、すっかりお腹も空いたところで夕食です。「最後に、おいしい洋食屋さんにご案内します!」と、菊地さんは元気よくタクシーを走らせてくれました。神奈川県庁を通り、道を曲がるとそこにはなんとも懐かしい感じの「梅香亭」という洋食屋さんが。置物や版画が飾られ、レトロで家庭的な雰囲気が漂うこのお店は、なんと大正12年にオープンしたそうです。
 そこで、1番人気といわれるハヤシライスを注文しました。シンプルですがコクがあり、懐かしい味わいがしました。これは本当に絶品で、常連も多いのもうなずける味です。食事中何名か店内に入ってきましたが、皆さんハヤシライスを頼んでいました。
 通りのすぐそばには近代的な建物が並び、このお店だけが別空間のようでした。菊池さんにこんな素敵な穴場を教えてもらって、最後まで感謝の気持ちでいっぱいになりました。
 中華街で美味しい中華を食べるのもいいけれど、「梅香亭」のような時代を感じさせてくれる洋食屋さんで、ゆっくりと食事を楽しむのもいいですよ。
【写真】「梅香亭」のハヤシライス!美味しいです。

初めての観光タクシーを終えて

 これで今回の「横浜を巡る3時間コース」は終了になります。天気もいつの間にかよくなり、元気一杯に、今回の小さな旅を満喫することができました。乗務員の菊池さんは車中でもいろんな話をしてくれて、スマートに各地を案内していただきました。普段は行けないような場所が多く、私にとってはまさに知らないことばかり。いつもとは違う視点で横浜を感じることができ、お得感いっぱいで帰路につきました。
 新しい建物がどんどん建てられていく中で、しっかりと横浜の歴史が残っており、歴史の空気が味わえる素晴らしい場所がたくさんあります。新旧が混合し、独自の文化を築いている横浜に、是非また行ってみたいと思います。

このモデルコースに関するお問い合わせは


今回のタクシードライバーさん

大栄交通株式会社のドライバー、菊地さんにご案内いただきました。
ドライバー歴:2年 趣味:水泳、読書

【観光勉強会について】
私たちは、観光タクシー業務をするにあたり、単にコースを回るだけではなく、横浜各地の由来や歴史的背景をきちんと説明してご案内したい、横浜の良さを知っていただきたいという気持ちから、定期的に勉強会を開催しています。 同時に、サービス業に求められるマナー、ルール、エチケットも含め、お客様へきちんと対応できるよう研修もしています。サービス業として、観光タクシーに携わる全ての乗務員が、お客様に楽しんでいただくための知識を学び、ホスピタリティあふれる対応ができるよう勉強し取り組んでいます。 「タクシーに乗って観光したらもっと横浜が好きになった」と思っていただけるようになることが目標です。

【ひとこと】
開国(1854年)から150年を迎え、話題の多い横浜。たった150年、でもとても「数奇な運命」に支配された150年だったと思います。そんな、ある意味不思議な運命の痕跡がいたる処に残る横浜は、みなとみらいに代表される"新しい横浜"のすぐ隣にあったりします。 観光コースにはない、オリジナルコースを得意とする大栄交通の、みどころ満載な「観光コース」をご紹介します。
タクシーサイトトップ - タクシーで観光地をめぐる - 観光体験レポート一覧

利用規約 - プライバシーポリシー - タクシーサイトへのお問い合わせ

Copyright(c) 2005 taxisite Inc. All Rights Reserved.