タクシー会社をさがす・料金を調べる・観光する サイトマップ | ヘルプ | taxisite トップ

『穴場はまかせて!タクシーで行く、本場のうどん巡りとこんぴら金丸座』3時間30分コース

所要時間
: 3時間30分
お迎え場所
: 高松空港
コース料金
: 3時間30分で14,700円(料金にはうどん代金及び駐車場、高速道路利用料等は含まれておりません)

初めての観光タクシー

うどんブームに惹かれ、都内のうどん屋、チェーン店に足を運びながら「いつか本場で食べてみたい」と思っていた讃岐うどん。ついに、本場の香川県へ!しかも、本場のうどんを堪能したい!という願いを叶えてくれるタクシーでの快適なさぬき巡りです。
「タクシーでうどん店を回るサービス」って知っていますか?観光タクシーを貸しきって地元のタクシー運転手さんが美味しいうどん屋さんへ案内してくれるのです。 さてさて、本場のお味は?!

うどん案内人、うどん大好き乗務員さん登場~

東京から飛行機で高松空港へ。空港に着くと、今回ご協力いただく平成レッグス株式会社の乗務員さん、堤さんが元気に出迎えてくれました。

堤さんは、うどん大好き運転手さん。うどん好きでいろんなお店を食べ巡っているそうです。うどん運転手さんは、観光講習のほかにうどん講習もしています。うどん店の知識の他に、実際にうどん作り講習もやっているなんてさすが!
堤さんいわく、「コシがないとうどんじゃない!」とのこと、やっぱり東京のうどんはやわらかいそうです。お店によっては12時には玉切れなんて言うお店もあるようで、土日は行列・行列・行列。「うどん巡りなら平日の午前中をオススメします!」と早速ワンポイントアドバイス、いただきました。

うどん店は香川県で約800店舗もあるというから驚きです。今回は、「3時間ぐらいで本場の讃岐うどんを食べたい!でもどのお店がいいか分からない・・・」という私のリクエストに、有名店から穴場までうどん運転手、堤さんおすすめのお店を選んで頂きました。ガイド本より心強い~!
【写真】うどん案内人の乗務員、堤さん

1杯目!こんな山奥にうどん屋が?!強力なコシ「やまうちうどん」

 高松空港から走ること数十分。まず向かったのは仲南町ある「やまうちうどん」です。 「あつあつとひやひやがあるんですよ」と堤さん。どうやらあったかいうどんのことを「あつあつ」、冷たいうどんを「ひやひや」と言うらしく、お店で飲める山の水も美味しいそうです。タクシーでの移動中にお店の情報を聞けて、なんだかお得な気分です。

 ここを入っていくの?と思う程の、注意深く見ていても通り過ぎてしまうような細い山道をのぼり、山の中に入っていくと、ありました「やまうちうどん」。本当に・・・山奥です。 店に入ってさっそく、ひやひやの小を注文!(「ひやあつ」なんていうのもあります)そして、オプションのなかからうどん運転手さんおすすめのゲソ天を注文。
 食べてみると・・・いつも食べているうどんとの違いにビックリ!予想よりコシが強く、しっかりとした麺で、自然の山の水で締めた引き締まった麺は最高です。これが本場の讃岐うどんなんですね~!衝撃的なコシでした。ゲソ天も美味しく、これかなりのボリュームです。他にも豪快な具がいろいろあって迫力満点。

 昼前には行列ができるそうですが、堤さんがコースを考えて早く案内してくれたので、待つことなく食べることができました。 もう1玉食べてみたい、という衝動を抑えて次の場所へ。まだまだ1軒目ですからね!

「やまうちうどん」
仲多度郡仲南町十郷大口1010 営業時間:9:00~17:00
定休日:木曜日
【写真】ひやひやの(小)200円とゲソ天(左)、気さくで元気な「やまうちうどん」のご主人です(中)、なんと薪を使ってうどんを茹でています(右)

日本最古の芝居小屋、金毘羅(こんぴら)「金丸座」を見学

 驚きの讃岐うどんを食べ、ちょっと金毘羅「金丸座」に寄ることに。 「旧金毘羅大芝居」は、1835年に建てられた、現存する日本最古の芝居小屋です。
 実際に歌舞伎を観に行ったことがないので、場内に入るのはもちろん初めて。舞台下手より直角に客席を貫く「花道」を実際に歩いてみました。花道や舞台が客席ととても近く、江戸時代のスタイルで歌舞伎を楽しめる印象的な空間です。

 舞台中央には、回転させることができる廻り舞台があります。舞台下はどうなっているんだろうと思ったら、なんと人力で棒を押して舞台を回すというから驚きです。他にもすっぽん(花道にあるスライド式の切り穴)などの仕掛けを動かすための場所があり、地元商工会の人たちも協力して今でも全て人力で動かしているそうです!
 スタッフと役者さん、そして地元が一体となってこんぴら歌舞伎を支えているんですね! いろいろな仕掛けや舞台裏まで見ることが出来て、面白かったです。今度、歌舞伎を観に行ってみようかな。
【写真】国指定重要文化財「旧金毘羅大芝居」

2杯目!釜あげうどんと最高のダシ!「長田in香の香」

 「次は、釜あげうどんを食べてみて下さい」と、うどん運転手、堤さんが案内してくれたのは、国道11号線沿いにある「長田in香の香」です。 釜あげうどん・・・とは、茹でた麺を水で締めないで茹で湯とともにとり、ダシにつけて食べるうどん、とのこと。さすがうどん運転手さん、あたたかい讃岐弁で話してくれることもあり、話を聞いているだけで食べたくなってきます。

 店内に入り、釜あげを注文。奥を見ると、おばちゃんたちが釜で麺を茹でていて、湯気がたちこめています~。 「まずダシだけで飲んで見てくださいね!」とうどん運転手の堤さんに言われていたので、机の上にあるとっくりに入っているダシをついでまず飲んでみました。にぼしと昆布のダシが驚きの美味しさ!香りもよく、このダシだけでもどんどん飲めます。

 運ばれてきた、釜からあがったばかりのうどんは・・・真っ白でとってもきれい。麺はとってもモチモチっとしていて滑らかです。驚いたのは、水で締めていないのにしっかりとコシがあること。 釜あげうどんとこのダシは抜群の組み合わせです! 麺を食べ終わった後は、器に残った茹で湯も忘れずに飲むことをおすすめします。 オプションには、手作りおすしやおはぎなどもありますよ。

「長田in香の香」
善通寺市金蔵寺町字本村1180 営業時間:9:00~18:00
定休日:木曜日
【写真】あげ(小)250円と手作りおすし(左)、「ぜひ食べに来て下さいね」店長のやさしい笑顔が和みます(中)、釜からあがったばかりのうどんをいただけます(右)

3杯目!田んぼを見ながらのんびり味わえる「がもううどん」

 3軒目の「がもううどん」は、これぞ讃岐うどん!という一般的なうどん屋さんだそうです。 のどかな田園風景を眺めながら田んぼ道を入っていくと・・・民家が建ち並んでいるなかに、ありました「がもううどん」。ここ?と思うほどの小さなお店です。目印といえば、駐車場に車がたくさん止まっていることぐらいでしょうか。
堤さんによると、ここは、みんななかなか見つけられなくて、周りをぐるぐる回ってやっとたどり着くそうです。その点、タクシーなら一軒一軒場所を探さなくてすむし、移動がとってもスムーズなのが嬉しいかぎり 。

 店に着くと、すでに行列ができていました。あったかいうどん(小)と人気のきつねあげを食べてみることに。ここでは店の大将からうどんを手渡してもらい、あげをえらんで器に盛り、ダシを自分でかけるんですよ!麺はやや細麺でほどよいコシがあります。好みの薄味に、お店特製の大きなあげがまたやわらかくて美味しい!うどんとあげで170円ですから安いです。周りのお客さんをみると、みなさん、思い思いにトッピングをのせていました。

店内が狭いこともありますが、ここは迷わず外で食べることをお勧めします。店の前に広がるのどかな田園風景を楽しみながら食べて下さい! こちらのお店は朝早くからやっていて、麺がなくなり次第終了になるそうですので、ここも絶対午前中に足を運んで!

「がもううどん」
坂出市加茂町420-3 8:30~13:30頃まで
定休日:日曜・第3月曜
【写真】あったかいうどん(小)100円ときつねあげ(左)、「がもううどん」すでに行列ができていました(中)、自分でトッピングをとり、ダシやネギをいれます(右)

4杯目!おばあちゃんの笑顔に癒されます「池上」

 「ここでは甘いものは別腹・・・ではなく、うどんは別腹!」とのことで、最期に向かったのはおばあちゃんが打つ麺が人気の「池上」です。こちらもお店を見つけるのに苦労しているようですよ、と堤さんが言うのも納得。着いてビックリ、普通の民家ですから。看板・・・ないです、目印ないです。絶対自分では見つけられません。タクシーの利便性を改めて実感!!

店内に入ると、地元では有名な笑顔の可愛い「留美おばあちゃん」がいます。「全て自分でやるんですよ。」と堤さんに教えてもらいましたが、本当に、トッピングから始まり、お勘定も自分でメニュー表をみて計算、おつりも自分でとる、という超セルフタイプの製麺所です。

 うどん運転手・堤さんお勧めの組み合わせという、あったかい(1玉)と生たまごをいただきました。どこのお店も安いなぁと感じていましたがここは1玉なんと70円!生たまごを入れても100円です。生たまごを入れてしょうゆを3、4滴たらし、ゴマとねぎをのせてまぜませして完成!
麺は太くて弾力があり、しっかりとしたコシがあります。その出来たての麺に生たまごかからまり絶妙な味!外で食べていると、2匹のスズメがうどんをつついて食べていました。こんなにのどかな雰囲気でゆったりと美味しいうどんを食べられるなんて最高ですね!

  「池上」
高松市鶴市町1009番地 10:00~12:30頃、16:00~17:00頃
定休日なし
【写真】あったかい(1玉)70円に生たまごをトッピング(左)、「池上」看板なんてものはありません(中)、伝説の留美子おばあちゃん。とっても元気!! (右)

今回タクシーで回ったうどん屋さん

 あっという間に4軒のうどん屋さんとこんぴらさん見学コースが終了です。 タクシーなら、うどんに詳しいうどん運転手さんが、タイプの違うお店に連れて行ってくれるから、いろんな讃岐うどんが味わえます!
また、お店によってもセルフだったり、店員が運んでくれたり、外で食べられたり、とスタイルがさまざま。お店についてウロウロしないよう、ワンポイントも教えてもらえますよ~!私も今回案内していただいたうどん案内人・堤さんのおかげで、楽しく奥深い讃岐うどんと香川観光を満喫することができました!
【写真】左から「やまうちうどん」、「長田in香の香」、「がもううどん」、「池上」

このモデルコースに関するお問い合わせは

平成レッグス株式会社

香川県高松市郷東町117番地
TEL:0120-33-2370

今回のタクシードライバーさん

平成レッグス株式会社のドライバー、堤 英治さんにご案内いただきました。
ドライバー歴:3年 観光ガイドドライバー歴:2年 趣味:読書、うどん屋巡り

【ひとこと】
美味しい讃岐うどんをぜひ食べに来て下さい。ご利用お待ちしております。
タクシーサイトトップ - タクシーで観光地をめぐる - 観光体験レポート一覧

利用規約 - プライバシーポリシー - タクシーサイトへのお問い合わせ

Copyright(c) 2005 taxisite Inc. All Rights Reserved.