タクシー会社をさがす・料金を調べる・観光する ようこそ ゲストさん ログイン | サイトマップ | サイト内検索 | ヘルプ | taxisite トップ

教えてタクシーのこと タクシービギナーズ

トップページ / 教えてタクシーのこと / タクシービギナーズ 料金編

タクシービギナーズ 料金編


普段タクシーを利用しない人にとっては、謎の多いタクシー。

「タクシーってあまり乗ったことがなくて、誰にもいえないけど実は乗り方とかよく分からない・・・」
金額やタクシーの呼び方、サービスも地域や会社によって違いの多いタクシー。
知りたい事はあるけれど、今さら人には聞きにくい・・・そんなタクシーの疑問についてお答えします。
タクシーに慣れてない人、必見です!これでもうタクシーにドキドキすることもないかも♪

 

料金編

Q1 料金ってどうやって計算しているの?

料金ってどうやって計算しているの?

タクシーの料金は距離と時間で計算されています。


乗る距離が長く、時間もかかれば料金は高くなります。「東京23区、武蔵野市及び三鷹市」のタクシー料金で説明します。


『東京23区、武蔵野市及び三鷹市』が営業地区のタクシー料金』

初乗り料金(※1)最初の2.0kmまでは、710円、その後288mごとに90円加算(※2)。
時速が10km以下となると、1分45秒ごとに90円加算。


タクシーは道が空いていてスムーズに走っている時は距離だけで料金が計算されます。
しかし、走っていなくても料金が上がる事があります。
それは、タクシーの時速が10km以下となると、時間を距離に置き換えて料金が加算される仕組み(※3)だからです。
そのため渋滞や、信号で止まった時など、タクシーが進まなくてもメーターが上がる事もあります。この複雑さが利用者にとって分かりにくく、「いつもと同じ道を走ったのに料金が違った」という話がでる要因だったりします。


※1.初乗り料金:利用したら必ずかかる最低料金(タクシーの窓などに貼られている金額のこと)
※2.加算:初乗り料金以降に上乗せされていく料金のこと
※3.距離と時間で料金を計算する事を「時間距離併用性(じかんきょりへいようせい)」と言う。
Q2 深夜に利用すると料金が早く上がる気がするけど・・・

深夜に利用すると料金が早く上がる気がするけど・・・

気のせいではありません。


深夜・早朝は、昼間より料金が早く上がります。
これは深夜・早朝には割増料金が適用されているためです。


深夜・早朝は2割増となります。
この「深夜・早朝料金」は料金が2割増すのではなく、距離が2割分短くなり計算されます。
これを「東京23区、武蔵野市及び三鷹市」が営業地区のタクシー料金で計算すると・・・


《例》 昼間は、最初の2.0kmまでは710円、その後288mごとに90円加算。

2000m(初乗り距離)÷1.2=1666.6666666・・・
288m(加算距離)÷1.2=240m


深夜・早朝は「最初の1.667mまでは710円、その後、240mごとに90円加算」といった料金体系になります。そのため昼間よりも早く料金が上がります。
利用者にはかなり分かりにくい仕組みです。


なお、多くの地域では22:00~5:00が「深夜・早朝割増」適用時間となりますが、大阪府、福岡市では23:00~5:00となっています。


※「深夜・早朝割増」を適用していない会社もあります。

Q3 料金って全国みんな同じなの?

料金って全国みんな同じなの?

同じではありません。


タクシーの料金は運輸局が各地域の営業状態やさまざまな状況を審査し、適正な運賃を認可しています。そのため地域や会社によって異なります。


また、車両の大きさによっても料金は変わり、中型タクシーよりジャンボタクシーの方が高くなります。
全国のタクシー運賃は「料金を調べる」から見ることができます。

Q4 料金は乗っている人数で変わるの?

料金は乗っている人数で変わるの?

いいえ、変わりません。


人数に関係なく、メーターに表示された料金だけを払えばOKです。
数人で乗って割り勘にすると意外とお得になります。


タクシーは車両の大きさによって乗れる人数も変わります。

小型タクシー・・・乗務員を含み5名まで
中型タクシー・・・乗務員を含み6名まで
大型タクシー・・・乗務員を含み6名まで


中型者と、大型車は乗れる人数は同じですが、車両の大きさが異なるため大型車の方が多少ゆったりしています。
ちなみに12歳未満のお子様は3名で大人2名分と計算されます。

Q5 自宅にタクシーを呼んだけど、すでに料金がかかっていた・・・なんで?

自宅にタクシーを呼んだけど、すでに料金がかかっていた・・・なんで?

タクシー会社によっては、お迎えにあがる際にお迎え料(※1)を頂戴する会社があります。
そのため、自宅に呼んだ時点ですでに料金がかかっている・・・という事があります。


「お迎え料」には2種類あります。

(1)お迎え地点までの距離に関係なく、「1回呼ぶ事に1台○○円。」と一定額を頂戴する。

金額は100円~400円程度となっています。


(2)お迎えの依頼をした時点で料金メーターが作動し、お迎え地点までの料金を頂戴する。

ただし、お迎えの地点までの距離が一定の距離(多くは1.0km~2.0km)を超えたら、初乗り料金以上の金額は請求しない。
この方式だとお迎えの依頼をした時点で、すでにメーターが作動している為、乗ってすぐ料金が上がったという誤解が起き、利用者の評判は良くないです。


最近ではお迎え料を取らない地域、会社も増えています。お迎え料金は地域や会社よって異なりますので、「迎車料金一覧」でご確認下さい。


※1.お迎え料:迎車料金のこと

第1弾 一般編

第2弾 料金編

第3弾 サービス編